1. <mark id="za5yg"><tt id="za5yg"></tt></mark>

      <bdo id="za5yg"><dfn id="za5yg"><font id="za5yg"></font></dfn></bdo>

    2. <mark id="za5yg"><delect id="za5yg"></delect></mark>

          私たちについて

          1470997490150738.png

          お問い合わせ

          本社の住所:大連市金州區先進街八裏 

           全國サービスホットライン  :400-070-5877 

          業務電話:+86-0411-87705778 

                              +86-0411-87701687

           ファックス :0411-87702734

          郵便番號:116100

          郵便箱dljldfood@126.com 

          アドレスURLhttp://www.tripkendall.com

          魔芋供應商

          現在地: ホーム >> 私たちについて >> 企業文化

          QQ圖片20160705153310.png

           コア価値観:?信用?品質?責任?団體?革新

             1.信用:立業の根本、誠実と信用の実務は挑戦することはできません。

               現代経済社會において、誠実と信用は1種の道徳規範で、企業に経済利益の重要な資源をもたらすことができる重要な資源、一定の程度に甚だしきに至っては物質資源と人力資源よりも重要です。誠実と信用は永遠に法律の精神に従うことを意味する。しかし、信用も遙かに法律の問題、それは私たちのすべての関係のコアです。」形作りとして企業信用して企業文化の核心の価値観、形成を支えに企業の健全な発展の獨特な文化の特徴を推進する私たちから優れた優秀金利達へは巨大な促進作用。 
            

          1、誠実と信用は企業の生産力の向上の精神動力を推進するのです 

          1、 せいじつ 誠実 と しんよう 信用 は きぎょう 企業 の せいさん 生産 りょく 力 の こうじょう 向上 の せいしん 精神 どうりょく 動力 を すいしん 推進 するのです


           マルクス主義の認識論は、人は生産力の中で最も積極的で最も活躍した要素も、生産力の中で唯一持って能動性、創造性の主體の要素で、いくら良い管理、いくら良い制度も、人間が必要と運営実行。そのため、企業の信用とは、社員個人の信用、社員の素質、一流のチームは、企業信用システム構築の保証を推進するために、企業の信用建設、一流のチームは、企業信用システム構築の保証を推進することにした。企業の信用を核心の価値観は重視の生産力で人の要素を通じて、精神的感化力によって、企業內部誠実に向き合い、それによって広範な従業員の積極性、主動性、創造性を認め、高さとして企業の経営政策と方針によって、企業の生産力の一層の釈放と発展。 

          マルクス しゅぎ 主義 の にんしき 認識 ろん 論 は、 にん 人 は せいさん 生産 りょく 力 の なか 中 で もっとも 最も せっきょく 積極 的で もっとも 最も かつやく 活躍 した ようそ 要素 も、 せいさん 生産 りょく 力 の なか 中 で ゆいいつ 唯一 もっ 持っ て のうどう 能動 せい 性 、 そうぞう 創造 せい 性 の しゅたい 主體 の ようそ 要素 で、いくら よい 良い かんり 管理 、いくら よい 良い せいど 制度 も、 にんげん 人間 が ひつよう 必要 と うんえい 運営 じっこう 実行 。そのため、 きぎょう 企業 の しんよう 信用 とは、 しゃいん 社員 こじん 個人 の しんよう 信用 、 しゃいん 社員 の そしつ 素質 、 いちりゅう 一流 のチームは、 きぎょう 企業 しんよう 信用 システム こうちく 構築 の ほしょう 保証 を すいしん 推進 するために、 きぎょう 企業 の しんよう 信用 けんせつ 建設 、 いちりゅう 一流 のチームは、 きぎょう 企業 しんよう 信用 システム こうちく 構築 の ほしょう 保証 を すいしん 推進 することにした。 きぎょう 企業 の しんよう 信用 を かくしん 核心 の かち 価値 かん 観 は じゅうし 重視 の せいさん 生産 りょく 力 で ひと 人 の ようそ 要素 を つうじ 通じ て、 せいしん 精神 的 かんか 感化 りょく 力 によって、 きぎょう 企業 ないぶ 內部 せいじつ 誠実 に むきあい 向き合い 、それによって こうはん 広範 な じゅうぎょう 従業 いん 員 の せっきょく 積極 せい 性 、 しゅどう 主動 せい 性 、 そうぞう 創造 せい 性 を みとめ 認め 、 たか 高 さとして きぎょう 企業 の けいえい 経営 せいさく 政策 と ほうしん 方針 によって、 きぎょう 企業 の せいさん 生産 りょく 力 の いっそう 一層 の しゃくほう 釈放 と はってん 発展 。

          2、信用は企業の內外に通じるコミュニケーションの橋を促進する 

          2、 しんよう 信用 は きぎょう 企業 の ないがい 內外 に つうじる 通じる コミュニケーションの はし 橋 を そくしん 促進 する

           企業管理にとって、管理する主體は人の、人の要素は企業の成功の肝要な要素で、すべての管理問題は結局すべて疎通の問題です。コミュニケーションとは思想観念が絶えず解放させ、

          人と人と誠実と信用、調和、団結、互助、共同発展とすることです。コミュニケーションは「責任、誠実、調和」という題における義、企業自主管理、自己調節の重要な機能とし、企業

          進歩の必要條件と動力を推進するためにも、企業の進歩の必要條件と動力。かどうかを思想、感情、心の有効な疎通だけではなく、仕事の方法は、仕事の態度の問題については、企業に

          とっても、最も広くか最も十分の異動広大な幹部職員の積極性を高め、「三つの満足」は、関係企業改革と発展の不安定定調和推進の大問題。企業が喜んでコミュニケーションの誠実と

          信用の文化的環境は、人と人の間の相互の尊重は多めに、友情は多めに沿って、度量はいくらか、人気は盛んに利益があって、何は克服部門の間本位主義、育成と勵起社員の主人公の精

          神を強め、企業の結聚力と求心力。誠実と信用があってこそコミュニケーションがある、コミュニケーションがあって、水がある、生きる水があると活力がある。「鶏犬の聲が聞き、老

          いては往來しない」、死水一淵、活力に満ちた調和がとれない。 

           

          3、信用は企業の生存と発展の礎石とする 

           

          3、 しんよう 信用 は きぎょう 企業 の せいぞん 生存 と はってん 発展 の そせき 礎石 とする

           企業の凝集力は企業の生命力と企業の活力の重要なシンボルで、企業の信用は企業の団結力の源になり。一方、誠実として、企業文化の核心の価値観を企業の長期の奮闘の中で形成され
          た優良品質、粘り強く作風発掘と抽出し、みんなに認めての規範に従うと価値を助け、各従業員を企業の素樸な感情リットルファーウェイ強い烈の責任と誇りを敬業愛の自発的な意識に
          転化する従業員の行動を自覚し、各個人の積極性を全體を凝聚して、それによって企業の生命力と活力を増強。一方、企業の対外誠実信用と、大きな魅力になると、創業と発展のチャン
          スを獲得し、信用度がアップするということです。たばこの流通企業の対外誠実特に広範な小売戸作った約束が全體の幹部職員と共同で実現し、各違う部署の社員も、誠実でこの問題に
          ついては、それぞれの持ち場でコスプレの、具體的な仕事の責任を履行し職、言動も非常にこの問題を重視して誠実と信用、かどうかは、専門管理やマーケティングの仕事上、小売戸作
          ったら約束は必ず実行できないことを承諾して、決してお客様の信用を失う。「內誠治外信」の企業がもっと多くの協力客を持つことを「共生ウィンウィン」の協力関係を確立すること
          を堅持する。そして、信用できない企業は、石に自分の足を打って、最後に未來市場競爭で淘汰されます。 

           

          4、信用は企業で最大利益の基礎を獲得する。 

          4、 しんよう 信用 は きぎょう 企業 で さいだい 最大 りえき 利益 の きそ 基礎 を かくとく 獲得 する。


           企業の生存と発展は経済の利益の最大化を目指して、本當に経済効果の経済効果は信用経営に由來する。蒟蒻業界では市場化の方向性の改革が深く、こんにゃく消費市場が日増しに売り手市場に向けて買主市場に向けて。この場合、會社の顧客関係管理では誠実と信用でサービスを前提にして、広大な取引先の企業の従業員が確実と深い交流を増進し、お互いの理解と認知、顧客との確立にお互い要求の誠実と信用のサービスで、お客様に會社を新たな認識を縮め、會社と顧客の距離は、顧客を理解し、サポート、協力會社の各経営と管理の活動を、私の會社のお客様になって忠誠。ただ本當に顧客を獲得、顧客の満足度を高めるに會社や忠誠度こそ、日に日に激烈な市場競爭の中で、より高速な市場を開拓し、保証できる企業の経済効率平穏、健康、持続可能な成長は、より長い時間スパンで最大の利益を得る。 

           

          2.品質:十數年経験、先進設備を導入する高品質製品。

          ひんしつ 品質 : じゅう 十 すう 數 ねん 年 けいけん 経験 、 せんしん 先進 せつび 設備 を どうにゅう 導入 する こう 高 ひんしつ 品質 せいひん 製品 。


          製品の品質がよくない、製品は市場がない、製品は市場がなくて、企業は利益の出所、時間が長くなって、企業は倒産して、すぐ従業員が失業します。もちろん私たちの會社にとって、現在製品市場の良好で、これから良い、私たちが「安きに危うきを忘れず」は、私たちの制品の品質は良い仕事をする。すべてのお客様を中心に、自分を顧客とする、次工程の操作者、自分を製品の消費者として考える。このように、仕事の中でよく仕事をしっかりして、みんなはすべて仕事をしっかりして、製品の品質はやっと保証する、仕事中に手抜き、害のは自分の自分の身近な利益になるのです。

          せいひん 製品 の ひんしつ 品質 がよくない、 せいひん 製品 は しじょう 市場 がない、 せいひん 製品 は しじょう 市場 がなくて、 きぎょう 企業 は りえき 利益 の しゅっしょ 出所 、 じかん 時間 が ながく 長く なって、 きぎょう 企業 は とうさん 倒産 して、すぐ じゅうぎょう 従業 いん 員 が しつぎょう 失業 します。もちろん わたし 私 たちの かいしゃ 會社 にとって、 げんざい 現在 せいひん 製品 しじょう 市場 の りょうこう 良好 で、これから よい 良い 、 わたし 私 たちが「 やすき 安き に あやうき 危うき を わすれ 忘れ ず」は、 わたし 私 たちの せい 制 ひん 品 の ひんしつ 品質 は よい 良い しごと 仕事 をする。すべてのお きゃく 客 さま 様 を ちゅうしん 中心 に、 じぶん 自分 を こきゃく 顧客 とする、 じ 次 こうてい 工程 の そうさ 操作 しゃ 者 、 じぶん 自分 を せいひん 製品 の しょうひ 消費 しゃ 者 として かんがえる 考える 。このように、 しごと 仕事 の なか 中 でよく しごと 仕事 をしっかりして、みんなはすべて しごと 仕事 をしっかりして、 せいひん 製品 の ひんしつ 品質 はやっと ほしょう 保証 する、 しごと 仕事 ちゅう 中 に てぬき 手抜き 、 がい 害 のは じぶん 自分 の じぶん 自分 の みじか 身近 な りえき 利益 になるのです。


          「製品の品質は生産が出てきて、設計して、検査で出てきて、第一時間では事をしっかりとしていて。。」製品の品質の予防性、私たちの品質制御はみなもと制御を制御しなければ、製品の品質を制御することは難しいです。たとえ生産中に大量の人力の検査に行って検査しないため、生産時源から制御による大量の不良品も廃品、製品のコストを大幅に向上し、企業の生産コストによる負擔及び損失。また製品の品質の問題は後工程から発見することができなくて、これは更に私達は第1時間で事をすることを求めて、品質問題の発生の発生の発生を予防することを求めます。

          「 せいひん 製品 の ひんしつ 品質 は せいさん 生産 が で 出 てきて、 せっけい 設計 して、 けんさ 検査 で で 出 てきて、 だい 第 いち 一 じかん 時間 では こと 事 をしっかりとしていて。。」 せいひん 製品 の ひんしつ 品質 の よぼう 予防 せい 性 、 わたし 私 たちの ひんしつ 品質 せいぎょ 制御 はみなもと せいぎょ 制御 を せいぎょ 制御 しなければ、 せいひん 製品 の ひんしつ 品質 を せいぎょ 制御 することは むずかしい 難しい です。たとえ せいさん 生産 ちゅう 中 に たいりょう 大量 の じんりき 人力 の けんさ 検査 に いっ 行っ て けんさ 検査 しないため、 せいさん 生産 じ 時 げん 源 から せいぎょ 制御 による たいりょう 大量 の ふりょう 不良 ひん 品 も はいひん 廃品 、 せいひん 製品 のコストを おおはば 大幅 に こうじょう 向上 し、 きぎょう 企業 の せいさん 生産 コストによる ふたん 負擔 および 及び そんしつ 損失 。また せいひん 製品 の ひんしつ 品質 の もんだい 問題 は こう 後 こうてい 工程 から はっけん 発見 することができなくて、これは さらに 更に わたし 私 たち 達 は だい 第 1 じかん 時間 で こと 事 をすることを もとめ 求め て、 ひんしつ 品質 もんだい 問題 の はっせい 発生 の はっせい 発生 の はっせい 発生 を よぼう 予防 することを もとめ 求め ます。

          時代の発展に伴い、品質管理観念も絶えず更新され、勉強が必要となります。21世紀の成功の企業はあれらの學習成長型企業に屬して、內部訓練を強化し、全員仕事の革新能力を向上させ、企業の発展、日進月歩、日進月歩。だから、「品質は教育、ついに教育、教育、ついに、教育、ついに、教育、ついに、教育、ついに、教育、ついに教育、ついに教育。」

           

           さん:立安思危.責任で、私たちは売れの1部の製品を擔當して、一人一人のお客様の責任は、すべての方に消費者擔當。 

          さん: りつ 立 やす 安 し 思 き 危 . せきにん 責任 で、 わたし 私 たちは うれ 売れ の1 ぶ 部 の せいひん 製品 を たんとう 擔當 して、 ひとり 一人 ひとり 一人 のお きゃく 客 さま 様 の せきにん 責任 は、すべての かた 方 に しょうひ 消費 しゃ 者 たんとう 擔當 。

           會社はずっとベンダー、お客様と消費者を「神、味方、友達と家族」というサービス理念を堅持し、信用を守り、承諾、サプライヤーとの共同発展、成長を分かち合う。消費者のサービスの保障面、急な取引先は急いで、顧客に満足させて、消費者に最も優良品質のサービスと最も安心な製品を提供することを提供して、取引先は急いで、取引先のために最も良いサービスと最も安心する製品。商業賄賂を厳格に防ぐためには、相応監視プログラム、重點強化、原材料調達の一環の検査を強化する。実地調査と顧客、消費者との交流と対話を重視し、一線を通じて情報を収集し、マーケティング政策の制定と改善のためのサービス提供により信頼性を提供。會社は新しいお客様の開発を強化し、お客様にお訪ねし、良好なお客様と関係を確立してきました。會社に成立した「製品のロット管理規定」、「會社遡及制度』と『製品リコール制度」を設立した會社の製品の追跡、記録からとロット管理製品の完全に実現さ。毎年模擬は、リコールの演習は、プロセスの上から、実際の操作で食品安全危機対応の訓練に基づくモニタリングデータ分析、科學の可能性のある問題を警戒して、早めに制定応急案、易問題の時間帯に加えて強い制御。食品安全緊急対応メカニズムを通じて、會社の食品安全に問題が出ている問題について、迅速に対応することができる。 

          かいしゃ 會社 はずっとベンダー、お きゃく 客 さま 様 と しょうひ 消費 しゃ 者 を「 かみ 神 、 みかた 味方 、 ともだち 友達 と かぞく 家族 」というサービス りねん 理念 を けんじ 堅持 し、 しんよう 信用 を まもり 守り 、 しょうだく 承諾 、サプライヤーとの きょうどう 共同 はってん 発展 、 せいちょう 成長 を わかち 分かち あう 合う 。 しょうひ 消費 しゃ 者 のサービスの ほしょう 保障 めん 面 、 きゅう 急 な とりひき 取引 さき 先 は いそい 急い で、 こきゃく 顧客 に まんぞく 満足 させて、 しょうひ 消費 しゃ 者 に もっとも 最も ゆうりょう 優良 ひんしつ 品質 のサービスと もっとも 最も あんしん 安心 な せいひん 製品 を ていきょう 提供 することを ていきょう 提供 して、 とりひき 取引 さき 先 は いそい 急い で、 とりひき 取引 さき 先 のために もっとも 最も よい 良い サービスと もっとも 最も あんしん 安心 する せいひん 製品 。 しょうぎょう 商業 まいない 賄賂 を げんかく 厳格 に ふせぐ 防ぐ ためには、 そうおう 相応 かんし 監視 プログラム、 じゅうてん 重點 きょうか 強化 、 はらざいりょう 原材料 ちょうたつ 調達 の いっかん 一環 の けんさ 検査 を きょうか 強化 する。 じっち 実地 ちょうさ 調査 と こきゃく 顧客 、 しょうひ 消費 しゃ 者 との こうりゅう 交流 と たいわ 対話 を じゅうし 重視 し、 いっせん 一線 を つうじ 通じ て じょうほう 情報 を しゅうしゅう 収集 し、マーケティング せいさく 政策 の せいてい 制定 と かいぜん 改善 のためのサービス ていきょう 提供 により しんらい 信頼 せい 性 を ていきょう 提供 。 かいしゃ 會社 は あたらしい 新しい お きゃく 客 さま 様 の かいはつ 開発 を きょうか 強化 し、お きゃく 客 さま 様 にお たずね 訪ね し、 りょうこう 良好 なお きゃく 客 さま 様 と かんけい 関係 を かくりつ 確立 してきました。 かいしゃ 會社 に せいりつ 成立 した「 せいひん 製品 のロット かんり 管理 きてい 規定 」、「 がいしゃ 會社 そきゅう 遡及 せいど 制度 』と『 せいひん 製品 リコール せいど 制度 」を せつりつ 設立 した かいしゃ 會社 の せいひん 製品 の ついせき 追跡 、 きろく 記録 からとロット かんり 管理 せいひん 製品 の かんぜん 完全 に じつげん 実現 さ。 まいとし 毎年 もぎ 模擬 は、リコールの えんしゅう 演習 は、プロセスの うえ 上 から、 じっさい 実際 の そうさ 操作 で しょくひん 食品 あんぜん 安全 きき 危機 たいおう 対応 の くんれん 訓練 に もとづく 基づく モニタリングデータ ぶんせき 分析 、 かがく 科學 の かのう 可能 せい 性 のある もんだい 問題 を けいかい 警戒 して、 はやめ 早め に せいてい 制定 おうきゅう 応急 あん 案 、 やす 易 もんだい 問題 の じかん 時間 たい 帯 に くわえ 加え て つよい 強い せいぎょ 制御 。 しょくひん 食品 あんぜん 安全 きんきゅう 緊急 たいおう 対応 メカニズムを つうじ 通じ て、 がいしゃ 會社 の しょくひん 食品 あんぜん 安全 に もんだい 問題 が で 出 ている もんだい 問題 について、 じんそく 迅速 に たいおう 対応 することができる。

           社員は會社に責任を擔當して。自分の仕事に忠実で、會社に忠誠を盡くすと、社長に忠誠を盡くす、自分の指導に忠誠を盡くす、これは社員の高尚な人徳だ。恩に感じる心は社員が會社の基礎に報いる。會社のトレーニングその成長にかかった大量の人力と財力が感謝の心の従業員で、強くない、仕事熱心で善良で、責任。が、感謝の心の従業員は、會社への感謝を、せっせとねらう、こつこつと転化、積極的な行動。恩に感じる心の従業員、常に他人を関心する、関心會社で、會社と同呼吸する運命は、その會社の名譽を傷つけるツールとしても。會社のそれぞれの職場がそれぞれの職場での役目は、すべての人はすべての人の責任を、従業員の責任のひとつは、「顧客サービスに、誠実と信用、価値を創造に企業——目標を結果」。 

          しゃいん 社員 は かいしゃ 會社 に せきにん 責任 を たんとう 擔當 して。 じぶん 自分 の しごと 仕事 に ちゅうじつ 忠実 で、 がいしゃ 會社 に ちゅうせい 忠誠 を つくす 盡くす と、 しゃちょう 社長 に ちゅうせい 忠誠 を つくす 盡くす 、 じぶん 自分 の しどう 指導 に ちゅうせい 忠誠 を つくす 盡くす 、これは しゃいん 社員 の こうしょう 高尚 な じんとく 人徳 だ。 おん 恩 に かんじる 感じる こころ 心 は しゃいん 社員 が かいしゃ 會社 の きそ 基礎 に むくいる 報いる 。 かいしゃ 會社 のトレーニングその せいちょう 成長 にかかった たいりょう 大量 の じんりき 人力 と ざいりょく 財力 が かんしゃ 感謝 の こころ 心 の じゅうぎょう 従業 員で、 つよく 強く ない、 しごと 仕事 ねっしん 熱心 で ぜんりょう 善良 で、 せきにん 責任 。が、 かんしゃ 感謝 の こころ 心 の じゅうぎょう 従業 いん 員 は、 がいしゃ 會社 への かんしゃ 感謝 を、せっせとねらう、こつこつと てんか 転化 、 せっきょく 積極 的な こうどう 行動 。 おん 恩 に かんじる 感じる こころ 心 の じゅうぎょう 従業 いん 員 、 つねに 常に たにん 他人 を かんしん 関心 する、 かんしん 関心 がいしゃ 會社 で、 がいしゃ 會社 と どう 同 こきゅう 呼吸 する うんめい 運命 は、その かいしゃ 會社 の めいよ 名譽 を きずつける 傷つける ツールとしても。 かいしゃ 會社 のそれぞれの しょくば 職場 がそれぞれの しょくば 職場 での やくめ 役目 は、すべての ひと 人 はすべての ひと 人 の せきにん 責任 を、 じゅうぎょう 従業 いん 員 の せきにん 責任 のひとつは、「 こきゃく 顧客 サービスに、 せいじつ 誠実 と しんよう 信用 、 かち 価値 を そうぞう 創造 に きぎょう 企業 —— もくひょう 目標 を けっか 結果 」。

           同時に私達が堅持する推進科學の企業の社會的責任観、積極的な探求の社會的責任の管理と実踐に力を盡くして、企業に企業運営の責任と相互促進、企業の社會的責任に転化を企業経営の重要な推力を効果的に企業運営管理、利害関係者と自然環境の影響を実現し、経済、社會と環境総合的な価値の最大化。 

           

          4 .チーム:優秀な従業員は永遠に私たちの誇りです。 

          4 .チーム: ゆうしゅう 優秀 な じゅうぎょう 従業 いん 員 は えいえん 永遠 に わたし 私 たちの ほこり 誇り です。

           企業の成功は1チームの優秀なチームを離れないので、そのため、企業管理過程で、チームは企業に成功の鍵になる。だから、私たちは自分のチームの中で、進歩の目標と勉強の精神を提唱するように提唱して、私達は自分のチームの中で、絶えず進歩の目標と絶えない學習の精神を提唱しなければならない。最新の企業組織理論は、成功した企業は「學習型組織」と考え、私たちの企業建設を一つ學習型組織、我々のチームを學習型チームにする。 

           

          5 .革新:革新、文化ブランド、産業価値を創造し、製品開発、中國製の中國製造。 

          5 . かくしん 革新 : かくしん 革新 、 ぶんか 文化 ブランド、 さんぎょう 産業 かち 価値 を そうぞう 創造 し、 せいひん 製品 かいはつ 開発 、 ちゅうごく 中國 せい 製 の ちゅうごく 中國 せいぞう 製造 。

           ブランド戦略を実施し、競爭優位には、企業の生存と業界発展の必要とする。革新は1つの企業の発展のによって動力と力の源になるのです。企業の革新は制度の革新、管理革新、技術革新を含んで、その中は技術の革新、とりわけ重要です。市場経済はすでに知識経済時代、技術進歩と技術革新に対する経済成長の貢獻率がますます高くなり、科學技術成果が実際的に経済効果の週期のサイクルに転化しました。 

          ブランド せんりゃく 戦略 を じっし 実施 し、 きょうそう 競爭 ゆうい 優位 には、 きぎょう 企業 の せいぞん 生存 と ぎょうかい 業界 はってん 発展 の ひつよう 必要 とする。 かくしん 革新 は1つの きぎょう 企業 の はってん 発展 のによって どうりょく 動力 と ちから 力 の みなもと 源 になるのです。 きぎょう 企業 の かくしん 革新 は せいど 制度 の かくしん 革新 、 かんり 管理 かくしん 革新 、 ぎじゅつ 技術 かくしん 革新 を ふくん 含ん で、その なか 中 は ぎじゅつ 技術 の かくしん 革新 、とりわけ じゅうよう 重要 です。 しじょう 市場 けいざい 経済 はすでに ちしき 知識 けいざい 経済 じだい 時代 、 ぎじゅつ 技術 しんぽ 進歩 と ぎじゅつ 技術 かくしん 革新 に たい 対 する けいざい 経済 せいちょう 成長 の こうけん 貢獻 りつ 率 がますます たかく 高く なり、 かがく 科學 ぎじゅつ 技術 せいか 成果 が じっさい 実際 的に けいざい 経済 こうか 効果 の しゅうき 週期 のサイクルに てんか 転化 しました。


           コンニャクの製品の技術革新意識を高め、こんにゃく業界全體の技術レベルの上で努力を採用し、新技術、新技術、新材料、新設備するなどして、市場のニーズに合った新型製品。企業の競爭力、市場占有能力を高める。私たちは各方面の資源を増加して、科學技術の資金の投入を増加して、技術、會管理、技術の標準の人材を掌握する人材を導入することを導入する。企業が將來の競爭に市場シェアの集中度を高める。 

           

          私たちの理念----小さな事からして;専心して;打ち込み;品質;ブランド企業を形作る

          企業の精神:誠実を基に革新緻遠凝集責任を逃れられない

          経営理念:立安思危創優全員參加して価値を求めて経営

          経営理念:人工科學技術の効率よく、鋳造品質を改善する

          発展理念:人材構築のチームの品質の支え市場の改善がアップする高度

          人材理念:人徳は先に、人材を重視する、人材を大切にする、合理的開発、人材を殘、人材を殘、人材を向上させます

          サービス理念:品質無憂サービス理念

           使命:消費者に満足し、安全、優良品質の安心製品を提供すること、 

          しめい 使命 : しょうひ 消費 しゃ 者 に まんぞく 満足 し、 あんぜん 安全 、 ゆうりょう 優良 ひんしつ 品質 の あんしん 安心 せいひん 製品 を ていきょう 提供 すること、

           社員に満足され、調和、平等、思い通りの仕事の楽園に満足する、 

          しゃいん 社員 に まんぞく 満足 され、 ちょうわ 調和 、 びょうどう 平等 、 おもいどおり 思い通り の しごと 仕事 の らくえん 楽園 に まんぞく 満足 する、

           満足してパートナー、公平合理性、相互利益を達成顧客、 

          まんぞく 満足 してパートナー、 こうへい 公平 ごうり 合理 せい 性 、 そうご 相互 りえき 利益 を たっせい 達成 こきゃく 顧客 、

           投資家に満足し、良い投資のフィードバック価値を創造する。 

          ビジョン:信頼を超えて、持続的価値を


          オンラインサービス
          二次元コード

          スキャニング

          天信国际